アマゾン火災に関与の疑いで男を逮捕 大統領は「野焼き禁止令」

**************** アマゾン火災に関与の疑いで男を逮捕 大統領は「野焼き禁止令」 **************** 南米大陸北部のアマゾン地帯で森林火災が拡大している問題 29日、違法伐採と野焼きに関与した疑いで男1人が逮捕された ブラジルの大統領は同日、全土で野焼きを原則禁じる大統領令を公布した **************** 【サンパウロ時事】南米大陸北部のアマゾン地帯で 森林火災が拡大している問題で、 ブラジルのボルソナロ大統領は29日、 全土で野焼きを原則禁じる大統領令を公布した。 火災は折からの異常乾燥の中、 牧草地などを開くための野焼きが 頻繁に行われたことが原因の一つとみられている。  ブラジル政府は1998年の大統領令で、 当局の許可を条件に、農業や牧畜のために 土地に火を放つことを認めたが、 ボルソナロ大統領は火災拡大を受けて 「60日間、国内で土地に火を付ける許可を出すことを原則停止する」と決定した。  森林火災をめぐっては、ボルソナロ氏の開発重視・環境軽視姿勢が 今年の野焼きの増加を招いたとの批判が国内外で上がっており、 対策を打った格好。 ただ、違法な野焼きには対処できないため実効性は疑問視される。  一方、北部パラ州の警察当局は同日、 州の環境保護地区内での違法伐採と野焼きに関与した疑いで男1人を逮捕し、 2人の行方を追っていると発表した。 男らは約50人を使って2万ヘクタールの森林を破壊した疑いをかけられている。 警察はまた、アマゾン開発に積極的なボルソナロ氏を応援するため、 8月10日を「火の日」と称してメッセージアプリ上で 同時多発的な野焼きを呼び掛けたグループと、 一帯で頻発した火災との関連を調べている。 https://news.livedoor.com/article/detail/17008303/ 続きを読む

文氏、日本に対話呼び掛け「協力する東アジアつくろう」

ネットの声「向いてる方角が違いますよ。 帰国の友好国は南側にはありません。 他をあたってくださいね。」 「もう敵国として日本も軍事的に準備をしないといけないと思います。防衛費も少なくても今の3倍は必要です。日本にある韓国朝鮮の出先工作機関民団、朝鮮総連の解体閉鎖も緊急の問題だと思います。」 「対話の機会は何度もあった こちらから持ち掛けた それを蹴ったのはあなた達・・・・」 「日本とは対決するのではなかったんですか? 貴国は北と仲良く繁栄したらいいじゃないですか」 【ソウル=桜井紀雄】日本による朝鮮半島統治からの解放を記念する 「光復節」の韓国政府式典が15日、中部、天安(チョナン)で開かれた。 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は演説で、 昨年10月のいわゆる徴用工判決以降、関係が悪化した日本に対し 「今でも日本が対話と協力の道に出てくれば、快く手を握る。 公正に交易し、協力する東アジアをともにつくっていくだろう」 と呼び掛けた。  国際分業体系の重要性を指摘し、 自国が優位な部門を武器にすれば、 平和な自由貿易秩序が壊れるしかなく、 「先に成長した国が後から成長する国のはしごを払いのけてはならない」 と日本政府による輸出管理の厳格化を批判。 「日本の不当な輸出規制に立ち向かい、 われわれは責任ある経済強国への道を一歩一歩進む」と主張した。 詳細本文へ 本文:>>> 続きを読む

韓国文化体育観光部「東京五輪ボイコットしない」

韓国文化体育観光部「東京五輪ボイコットしない」 >>> ネットの声 「日本を糾弾するなら来ない方が整合性があります。ですから、来なくて良いです。」 「気分が悪くなるだけだから、是非ボイコットしてもらいたいです。」 「いやいや、効果抜群ですから。両国にとって最良の判断だと思う。推し進めて頂きたいし、それを 切に願う。」 「民意は大切にして下さい。 ボイコットを望む人が沢山いるのでは?」 「是非ともボイコットして欲しい、来ないでください。」 >>> 韓国・日本間の葛藤の溝が深まり、 2020年の東京五輪をボイコットしようという主張が提起される中、 主要管轄部署である韓国文化体育観光部が「五輪には参加すべきだ」 という立場を明らかにした。 文化体育観光部のイ・ヘドン国際体育長は11日、「8日に与党に『東京五輪に参加すべきだ』という意見を伝えた」とし「文化体育観光部の単独決定ではなく、大韓五輪委員会(KOC)と意見を共有した結果」と明らかにした。 最近、日本の輸出報復措置と放射能への懸念が重なり、一部の政治家の間で五輪をボイコットすべきだという主張が出たが、政府はボイコットは望ましくないという見解を明らかにした。 文化体育観光部とKOCがこのような結論を下したのは、韓国の単独ボイコットは実効性がないと判断したためだ。 北朝鮮・キューバが参加しなかった1988年のソウル五輪の事例のように、単独ボイコットが五輪に大きな影響を及ぼすことはできないということだ。 文化体育観光部によると、現在まで東京五輪ボイコットの動きを見せている国はない。 本文: >>> https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00000007-cnippou-kr 続きを読む

米女子フィギュア界でまたスキャンダル…名コーチが性的虐待で訴えられる

米女子フィギュア界でまたスキャンダル… 名コーチが性的虐待で訴えられる >>>>>> またしても女子フィギュア界で性的虐待問題が表沙汰になり 全米に大きな波紋を呼んでいる。 フィギュアスケートの元女子米国代表だったアダム・シュミット氏(34)が、 長野五輪の金メダリスト、タラ・リピンスキー氏や、 3度の五輪出場を誇る男子のトッド・エルドリッジ氏を育てた 名コーチとして知られるリチャード・キャラハン氏(73) をサンディエゴの裁判所に提訴した。 複数のメディアの報道によるとシュミット氏は、14歳だった1999年から2001年にかけてミシガン州ロチェスターのオニキス・アイスアリーナでキャラハン氏から繰り返し性的虐待を受けた。 その卑劣な行為はデトロイトのスケート場で始まり、ロチェスターのオニキス・アイスアリーナで過激なものとなり氷上だけでなくキャラハン氏のオフィスでも行われたという。 シュミット氏は、同アリーナに対してもキャラハン氏の性的虐待行為を知りながらも放置した罪を問い今回の訴えに含んだ。 またキャラハン氏は、過去にも1999年に元五輪代表コーチのクレイグ・マウリツィ氏から性的虐待行為を受けたことを訴えられていたが、 その時に全米フィギュアスケート協会が、適切な処置を取らなかったため、その後のシュミット氏への性的虐待につながったとして同協会も訴状に加えている。 つづき本文 >>> 出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00010000-wordleafs-spo 続きを読む

ホワイト国解除受けいきり立つ韓国政府 韓国企業から悲鳴か

日本の対韓輸出規制を受けて、韓国政府がいきり立っていると筆者が説明した 日本をホワイト国から除外するという、韓国経済副首相の発言を紹介 政府が検討するハイテク材料内製化は、韓国企業には不可能だと指摘している ****************** 8月2日、日本政府は韓国のホワイト指定解除を、閣議決定しました。 ロイターから流れてきていた「ポンペオ国務長官による仲裁案」 も提示されず、淡々とスケジュールを消化しています。 次の山場は8月15日。何が飛び出すでしょうか。 ****************** 「経済戦争だ!」いきり立つ韓国政府 「経済戦争を選んだ安倍首相…文大統領「私たちは屈しない」」2019-08-03 ホン・ナムギ経済副首相兼企画財政部長官も、 国務会議の後に政府ソウル庁舎で開いた 関係部署合同ブリーフィングで 「私たちも日本をホワイト国から除外して、 輸出管理を強化する手続きを踏んでいく」 と明らかにした。 また、彼は「日本の措置が世界貿易機関(WTO)規範に 全面的に反するものなので、 世界貿易機関への提訴準備に一層拍車を加えていく」と強調した。 http://japan.hani.co.kr/arti/politics/34014.html >>>>> 本文:https://news.livedoor.com/topics/detail/16881148/ 続きを読む

米高官が日韓の緊張拡大を懸念「韓国の行動は反日感情あおるため…」

米国が日韓両国に休止協定を検討するよう呼び掛けたことが明らかになった 日韓の外交問題を巡る緊張が一段と高まる可能性を懸念していると米高官 韓国は国内での反日感情をあおるため行動しているきらいがあると述べた ***** [ワシントン 1日 ロイター] – 米政府高官は1日、 日本と韓国との間の貿易と外交問題を巡る緊張が一段と 高まる恐れがあると米国は懸念しており、両国に対し交渉 の時間を作るためにいわゆる「休止協定」を検討するよう 呼び掛けていることを明らかにした。 この高官は匿名を条件に記者団に対し、 米国は韓国が国内で反日感情を高め、 日韓両国の信頼を損なうような行動を 起こすのではないかと懸念していると表明。 「韓国の行動は国内での反日感情をあおるために、 政治的効果をさえ計算した上で行われているきらいがある」 とした上で「こうした状況を米国は憂慮している」と述べた。 同時に、日本が安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る 「ホワイト国」から韓国を除外するのではないかとも心配しているとした。 その上で「日韓の通商関係が悪化すれば、… >>> 本文:https://news.livedoor.com/article/detail/16866918/ 続きを読む

GSOMIA破棄の可能性も?日米を巡る韓国の捨て身の「自爆攻撃」

GSOMIA破棄の可能性も?日米を巡る韓国の捨て身の「自爆攻撃」 ***** 韓国外相は7月30日、日本とのGSOMIA破棄を検討することもあると述べた 米国側が止めて置けと警告してきたカードで、米韓間に亀裂が生じる可能性も 仲裁として米国を動かすため、捨て身の「自爆攻撃」に出たとも見られている **** ポンペオ米国務長官は7月31日、 東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF) 参加のためバンコクに向かう機中で、対立を深める日韓に 「前に進む道筋を見いだすよう促す」 と記者団に述べたという。 ポンペオ氏はARFに合わせて日韓の外相と個別の会談を予定しており、 その後、3者会談も行う予定とされる。 これと関連してロイターは30日、 日韓が話し合いの時間を確保するための 「スタンドスティル(据え置き)協定」を 締結するという仲介案を米政府が示したとする、 米政府高官の発言を伝えていた。 ただ、菅義偉官房長官は31日の会見で 「そのような事実はない」と否定しており、 今後の成り行きがどのようなものになるかは不透明だ。 しかしいずれにせよ、 韓国の文在寅政権は米国を仲裁に引っ張り込もうと死に物狂いだった。 康京和(カン・ギョンファ)外相は30日、 日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA) の延長に関して 「状況の展開によって(協定破棄を) 検討する可能性もある」と発言していた。 GSOMIAの破棄は>>> 本文:https://news.livedoor.com/article/detail/16861927/ 続きを読む

ミサイルだけではない北朝鮮の攻撃力 実際はどれくらい?

もし米朝戦わば 北朝鮮軍には実際どれだけ攻撃力があるのか トランプ米大統領は10月1日、 北朝鮮に核・ミサイル問題で対話の意思の有無を尋ねていると公言したティラーソン国務長官に、「時間の無駄だと伝えた」とツイッターに投稿した。 9月26日の記者会見でも、 軍事的な選択肢の準備は完全に整っており、北朝鮮にとって壊滅的なものになると警告したが、 本気で「武力行使も辞さず」と考えているのだろうか。当然、軍事衝突が起きれば北朝鮮の猛反撃も予想される。  朝鮮半島問題研究家の宮田敦司氏が、 ミサイルだけではない北朝鮮の攻撃力について分析する。  * * *  米国の武力行使に対する北朝鮮軍の反撃の手段は、戦略軍が保有する弾道ミサイルだけではない。 100万人以上の兵力を保有する地上軍、海軍、空軍も反撃することになる。北朝鮮軍は、 日本、韓国、米国(グアム)へ弾道ミサイルを発射する一方で、在韓米軍と韓国軍の北進を防ぐために韓国へ侵攻する。  北朝鮮軍は「烏合の衆」と揶揄されることがあるが、実際のところ、どのような戦闘を行うのか再確認することにしたい。 詳細本文へ 本文こちら 続きを読む

ラスベガス銃乱射事件への米TV局員の投稿に批判 TV局が解雇発表

信じられないコメント:私はラスベガス乱射事件の犠牲者に全く同情などしていません ラスベガス乱射、50人以上死亡 400人以上負傷と警察 ラスベガス警察によると、近郊在住の白人男性スティーブン・パドック容疑者(64)がマンダレイ・ベイ・ホテルの32階から、 大通りラスベガス・ストリップで開かれていたカントリー音楽の音楽祭会場に向けて自動式の銃を乱射した。 容疑者はホテル32階で死亡したという。音楽祭の会場には約2万2000人が集まっていた。(BBC) 大惨事が起きてしまいました。正に、悪魔的な残忍な犯罪です。多くの人々が悲しむ中、こんな非常識なことを平気で言った人がいます。 -http://blogos.com/article/249845/ 続きを読む

反日の中国人が6日間の日本旅行をした結果「民度の高さに感化された」

日本行きを拒否した両親がたった6日間で日本大好きに!―中国ネット 2017年9月30日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿された「日本行きを拒否した両親がたった6日間で日本大好きに」という訪日体験記に、中国のネットユーザーが反応を示している。 この文章を書いたのは妊娠6カ月の女性で、出産後は当分旅行に行けそうもないという考えからこのタイミングで日本旅行に出発することを決めたようだ。 女性の両親はお腹の大きい娘の身を案じて「一緒に行く」と言ったものの、日本人が嫌いとの理由で旅行先を変えるよう提案。 出発前には周囲の人からも反対の声が上がったというが、女性は「日本から帰国してかなり時間がたつが、日本に対するさまざまな印象は今もはっきりと記憶に残っている」と地下鉄や商業施設のフードコート、トイレなどを利用した時の感想を細かくつづっている。 まず、地下鉄については「東京の地下鉄は約90年前に建設された古いもの。しかし赤ちゃんを連れたお母さん向けのトイレが出口の近くにあった。 なんて親切な設計なんだろう」とし、間違って押した非常ボタンにすぐさま係員が駆け付けてくれたことを紹介。 これに安心感を抱いたという。また、改札口が開いた状態であることも「利用者が通りやすいように開かれている。 交通カードをかざさなくても入場ができるが、タダ乗りしようとする乗客を目にすることはなかった」と説明し、構内にさまざまなフリーペーパーが置かれていることを「行政が文化の普及を重視していることの表れ」と評価。 さらに商業施設のフードコートで目にした利用者が自分で使用済みの食器を返却する光景や、無料で飲用水が提供されていること、子ども連れのための専用スペースが設けられていることも取り上げている。 つづき・・ 本文へ 続きを読む